創造するアフリカ農民―紛争国周辺農村を生き抜く生計戦略

村尾るみこ著 昭和堂
326ページ

昨年10月、拓殖大学アフリカ研究愛好会と一緒に、拓殖大学国際学部で開催したセミナーで話してもらいました。
カラハリサンドが150メートルくらいつもっている疎林地帯でのキャッサバ栽培の報告、興味深いです。

AJF斎藤

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中