ルポ 資源大陸アフリカ

20120131G092白戸圭一
朝日文庫
352ページ

アフリカの資源をめぐる歴史の中で生まれた、アフリカの深刻な”問題”ばかりに触れており、読んでいくと少々憂鬱な気持ちになりますが、スタンスとしてはあくまで、「問題は”罪を犯す人々”だけではなく、人びとを必然的に罪人としてしまった歴史(宗主国)や社会(政府)にある。」という点が書かれています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中