娘と話す世界の貧困と格差

41fjxktta0l-_sx304_bo1204203200_著者:勝俣誠
出版:現代企画室

世界の貧困と格差を考えることは、「わたしたちはどんな世界に住みたいのか?」ということを考えること。それが、この本を書くきっかけだったそうです。父親が高校生の娘と話形でいろいろな話題が進みます。中高生だけでなく、誰にとってもとても分かりやすい本です。