娘と話す世界の貧困と格差

41fjxktta0l-_sx304_bo1204203200_著者:勝俣誠
出版:現代企画室

世界の貧困と格差を考えることは、「わたしたちはどんな世界に住みたいのか?」ということを考えること。それが、この本を書くきっかけだったそうです。父親が高校生の娘と話形でいろいろな話題が進みます。中高生だけでなく、誰にとってもとても分かりやすい本です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中