マウマウの娘―あるケニア人女性の回想 

マウマウの娘―あるケニア人女性の回想
ワンボイ・ワイヤキ・オティエノ著 コーラ・アン・プレスリー編 富永 智津子訳 未来社 2007年

十代でケニア土地解放軍の闘いに参加し、ケニア独立後は政治家としても活躍した女性の自叙伝の前半。後半の翻訳も待たれる。70歳を超えて、ケニア独立の理念を高く掲げた政党を立ち上げた著者から目が離せない。

アマゾンで購入

広告

開発フロンティアの民族誌―東アフリカ・灌漑計画のなかに生きる人びと

開発フロンティアの民族誌―東アフリカ・灌漑計画のなかに生きる人びと
石井 洋子著 御茶の水書房 2007年

サブサハラ・アフリカで最も成功したと言われてきた国家的潅漑計画の歴史と、1990年代末から始まった新しい動きを伝える標記の本を興味深く読みまし た。農民組合によるコメの集荷・販売に対する弾圧によって、個々の農家がどのようにしてコメを販売しているのかを伝える第3部は、八郎潟を埋め立てて誕生 した大潟村に入植した人びとの減反反対闘争、自主販売の取り組みを思い浮かべさせました。

アマゾンで購入