ルワンダに灯った希望の光

「ルワンダに灯った希望の光」書肆侃侃房
津田久美子 著
HAT de Coffee & Banana代表

10年前に横浜国際交流協会でお会いしてから、いろいろなシーンで接点があり、活動について伺っていましたが、活動を始めるず~と前から現在に至るまでの津田さんの経緯が分かる1冊でした。
津田さんの、アフリカ支援の活動は目標がはっきりしていてぶれる事がありません。冷静で客観的な対応がとても良く理解できました。
私もケニアでボランティア活動をしていた時に似たような経験を何度かしました。
メインのバナナペーパーに関する内容は、アフリカでの活動を考えている方には大変参考になる1冊です。
ご購入はこちらから。
http://www.amazon.co.jp/…/ob…/ASIN/4863852517/africarikai-22

アフリカの森から

「アフリカの森から」
小島美佐 著
文芸社

アフリカの女性・子供を守る会の機関紙「サバイバル・ガジェット」で掲載されている「アフリカの森から」が本になりました。
家族や仕事を通してナイジェリアの人・文化・生活が短い文章で書かれています。旅行や短い時間のかかわりではわからない、細やかな心(気持ち・感情)が伝わってきます。

はじめまして!アフリカ音楽(CD付き)

516dyyijrcl-_sx354_bo1204203200_著者:ムクナ・チャカトゥンバ
構成:今井田 博
出版:株式会社 ヤマハミュージックメディア

アフリカ人が書いた日本人向け(子供から大人まで)のアフリカ音楽とコンゴ民主共和国についての本です。
大変わかりやすく、小学生にもわかるように書かれています。
内容と付録のCDが連動していて、たとえばリズムについての説明では実際の音でそのリズムを確認することができます。
CDは21曲入りで、しっかり楽しめます。
この本を読むとすぐに太鼓がたたけそうな気分になります♪

コンゴの歴史・文化・習慣・日常などが、そこで生まれ育ったから書ける内容で日本との違いも分かります。
筆者からコンゴ民主共和国・アフリカ音楽・日本への愛情と優しさが伝わる1冊です。

アフリカ 資本主義最後のフロンティア

「NHKスペシャル」取材班
新潮社発行 新書251P

2010年4~6月に放送されたNHKスペシャル「アフリカンドリーム」の取材チームが放送では語りきれなかった事を本にしたものです。
アフリカのポジティブな現在を切り取ったとても興味深い本です。
1.ケニアマサイ族の携帯電話
2.ルワンダの不動産王
3.エチオピア、ザンビアの中国企業
4.タンザニア、ボツワナの金、ダイアモンドの巨大企業
5.ジンバブエの経済
6.南アフリカへの移民
など興味深い話題を取り上げ、」問題は多いが考え方によってはアフリカにとって
プラスになるというような情報です。

日本人が知っておきたいアフリカ53か国のすべて

Africa53 平野 克己 (監修)
PHP研究所発行 文庫本285P

各国の説明の前に・アフリカの歴史・アフリカの地形と気候・アフリカの諸問題を大まかに知ったうえで各国の紹介に入ります。
今一番注目される事から大まかな歴史と基本データが4~6ページで構成されています。

簡略に書かれているために分かる事と、分からない詳細があります。とりあえず知るには便利な1冊です。気になった部分や国についてはもっと詳しく調べると良いでしょう。